喜多方屋@東武練馬

実は私、カレーラーメンが好きで。
メニューにカレーラーメンがあるとつい頼んでしまう事もしばしば。
カレーラーメンなら何でもいいというわけではなく、私なりの理想の形もあるわけで。
店に寄っては普通にラーメンの上にあんかけ風のカレーをかけてあるだけのものが出てきたりするのだけど、あれは、ダメだ。
スープにカレーを溶かしたかのような濁ったスープのものもいただけない。
澄んだスープでカレー風味のものが理想的である。
そう考えると、塩ベースでカレーの風味を加えた形になる、のかな?

かつて、武蔵関駅の近くに[大幸]というラーメン屋があって、そこで出していた排骨麺。
これが絶品だった。
澄んだ上品な鶏ガラスープに程よい塩気とカレー風味。
まさに理想通りのカレーラーメンがここにあった。
上に乗った排骨も実に美味かったなー。
惜しくも2001年に閉店してしまって今は食べる事は出来ない。
残念。

思い返すと、カップヌードルが発売されて間もない頃。
エースコックから出ていた[カレーヌードル]。
あれも澄んだスープだったような気がする。
美味かったなー(遠い目)
あれが原体験だったのかもしれぬ。
ああ、食べたい。

喜多方屋@東武練馬前振りが長くなった。
地元駅付近の[喜多方屋]にインディアンカレー(¥770)を発見。
食べてみる。
メニューに寄ると塩ベースとのこと、だが、出てきたものは…ふぅむ。
残念ながら濁ったスープ。
味は悪くはないがこれじゃない、と言った感じ。
キャベツ、モヤシ、ネギ、豚肉などを炒めたものがドカッと乗ってボリューム満点である。
カレータンメンと言った体であろうか。

理想のカレーラーメン探しは続く。
[PR]

by mtfeather | 2009-09-29 23:59 | ラーメン  

<< 中華そば屋 伊藤@王子 めん蔵@東武練馬 >>