ツイッター

このところラジオ聞いてるとツイッターの話題だらけ。
無理矢理にでも「ツイッター最高!」と持って行きたいように見えてしかたがない。
ツイッターにまったく興味のない私からしたら、毎日毎日うるさいっちゅーの。

興味はないけれど、これだけ話題になるのには何かあるんじゃないかと思ったりするから、そこに関しては興味がわいて、それが何なのか知りたくなって耳を傾けてみたりする。
けれども、なんだかやたらと「すごい」を連発する輩ばかりで、肝心の「何がすごい」のか、まったく伝わってこない。
きっちりと本質を突いた話であれば、興味のない人間の心にも何か響くものがあるはず。
流行りに乗ったチャラくて軽い言葉には何の力もない。
「お前ら、ホントは何もわかってないんじゃないの?」と思ってみたりみなかったり。

先週もTBSラジオ『アクセス』でツイッターがテーマになっていたけど、ツイッター擁護派の言い分がまったく理解できなかった。
反対派の意見も感情的でなんだかな、とは思ったけど。
それよりも擁護派のトークパーソナリティーとそのお仲間の、反対派のおじさんに対する明らかな上から目線が気に入らなかった。
素人相手に鼻で笑うな、バカ。
悔しかったら素人…いや、幼稚園児にでもわかるぐらいのわかりやすい言葉で説明してみろっつーの。
ましてや、素人の揚げ足を取るなんて言語道断である。
気取った言葉で武装することしかできないエセ文化人なんか糞食らえである。

そーいや私ゃあ、『Life』(TBSラジオ)が大っ嫌いだった。
思えばこの日の『アクセス』が「ツイッターくだらねぇ」の決定打だったかもしれぬ。
 
そんなわけで今のポジションは完全にアンチ。
あまのじゃくだからね、私は。
[PR]

by mtfeather | 2010-02-23 05:47 | 日記  

<< どんだけ未来 冬季五輪 >>