さらば、田無

最後の請求書を提出に田無まで。
到着寸前で肝心の請求書を忘れたのに気づいて思わぬ二往復などをしてたりするから、会社に着くのは暗くなる頃になってしまったりする。
最後なので社長や会長に明るくご挨拶、ぐらいはしようかなどと思ってはいたのだけど、不在ゆえその目論みは叶わず。
まぁ、仕方ないか、といった展開も、この会社との関わりを象徴するようで、今となっては微笑ましい。
未来ある若者たちに少々の詫びを入れ、荷物をまとめ(置きっぱなしだったものが少々)、セキュリティカードをしっかり返して……田無を去る。

後で考えてみたら会社を去るとき、私はふり返らなかった。
多少の感慨もあろうかとも思ったのだけど、それほどでもなく。
それどころじゃない、ということだけではなく、その要素がなかった、と思えば気も楽だ。
よし。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-31 23:59 | 日記  

<< 今度はTABACCO 開花 >>