見本品

製品となった『ボトムズファインダー』を見てみる。
もちろん見本品。
届いたのは先週の火曜日だったのだけど、アレやこれやで確認は今日になってしまった次第。

作品自体は、今となっては「まぁ、こんなもんか」と。
送り出す側としては、もう何も言う必要はない、ということで。

それよりも付属ブックレットやオーディオコメンタリーでの重田監督の発言にもう、びっくり。
驚愕の事実の連発に「そう言う話は先にしといてくれればよかったのに」なんて、思っちゃったよ。
そうすれば、こっちだってアイディアの幅も広がったのにさー、なんてね。
思えば、先のWEBラジオでも「ええ?そうだったの??」ってのがあったっけ。

ホントもう、口べたなんだから。
↑愛情表現ですよ。もちろん。
[PR]

by mtfeather | 2011-04-09 03:47 | アニメのこと  

<< 出社する やる気は、ある >>