例のCMの件

ひとつ、大事なことを言い忘れてた。

今回のフィルムで動画のがんばりが仕上がりに影響を与えていたということ。
聞けば、動画段階で私の線の雰囲気を、かなりのところまで拾っていてくれた、らしい。
今時の動画のやり方からしたら、なかなか難しいことであったと思う。

動画マンの作業というのは、原画をクリンナップして、その間の絵を埋める作業。
人によっては、「人の絵をなぞるだけでしょ」などと言うこともあるが、なかなかどうして、それはそれで専門のスキルを要求されることだったりする。
すなわち、動画マンだって絵心が必要なのだ。
それは「なぞるだけ作業」かもしれないけれど、原画の絵を理解できるかできないかは、大きくその仕上がりに影響するものなのだ。

今回のフィルムで「コマ送りして見てもいい感じ」みたいな感想をどこかで読んだ。
正直、原画作業でそこまでコントロールできるかって言われたら、それは…無理でしょうね。
すべて全原画であるなら別の話ですが。
動画マン(あるいは動画チェッカー)がいい仕事をしてくれたんだ、と私は思います。

名前も顔も知らない動画担当の方にも、賞賛の言葉を。

てゆーか、動画マン、っていう専門職が生き残られるように業界が…なんとか体質改善できてくれないものかと思います。
簡単にできない要素がいろいろあるかとは思いますが。

JAniCAってなにやってんの?
なんか……
上っ面な方向に向かってるように思えます。
ベクトルが、違う。
[PR]

by mtfeather | 2011-10-29 05:03 | アニメのこと  

<< メガネを修理に出す そろそろ終わってほしい >>