リテラシーって言葉を連発するヤツは、頭が悪いと思う

さっき、読みなおしてみたら、前回のエントリの書き出し、ほんの三週間前と同じであった。
何を血迷ってんだか。
だっせぇ。

「前に書いた」かも、つながりで。
TBSラジオ、日曜深夜『文化系トークラジオ~Life』。
仕事場の環境が基本的にまともに受信できるのは(AMでは)TBSラジオしかないので、しかたなくながしているのだけど…
うっかり、耳を傾けてしまうとイライラしちゃう。
この番組でしゃべってる人たちの言ってることって、わかったふうでいて、でも、上から目線なので気分悪い。
と、言うことをしゃべっている本人たちがわかってないのがたちが悪い。
これだから頭のいいヤツってのは…

頭がいいんだったら、そうじゃない人たちにわかりやすい言葉と構成で話してくれないと困るのだ。
言ってしまえば「君たちにはわかりにくいかもしれないけど、これはこういうことなんだよ」っていうことを、わからない人たちのところまで降りて来て、読み解いて導いてくれるのが君たちの仕事なんじゃないの?って思う。
この人たち、降りきれてない、ってゆーか、そのつもりもない、の、か?

例えば、バラエティ番組などで見かける米村でんじろう先生。
視聴者にわかりやすい実験で、科学を解説するエライ人。
ウィキペディアによれば「高校時代までは理科がキライ」だったとのこと。
嫌いな人が「ひらいた瞬間」を知っているからこその「わかってもらいたい」気持が伝わる。
わかってる人には「それ」を伝えてほしいものだと、本当に思ったり。

はてさて。
これは知識の乏しい(気持いいか悪いかだけの感覚だけだもんね)私のひがみか。
それもわからぬ。
[PR]

by mtfeather | 2011-12-26 04:07 | 日記  

<< マッサージ、行く メリクリ >>