Welcome

この年の仕事でのサイト上でわたしの発言でちょっと話題になったことがあった。
ネット上でたたかれたことがない人にはこれっぽっちもわからないであろうが、まぁ、字面でたたかれる、っていうのは覚悟してても想像以上にダメージを被るものだったりする。
のだけど。
この時ばかりは少々、様相が違ったようで。

いわゆる、作品の「信者」と呼ばれるような人たちが、作品に関わっている人間が作品に対して否定的な意見を言った=否定的な意見を言う奴は駄目なやつ」という、結論ありきの発言が見え見えだったこと。
だって、サイト上の私の発言は作品否定なんかしてないもの。
キャラ表がかわいいキャラだけ並んでて、見た目での性格がわかりにくい(アニメという記号においては、これ重要)、と言っただけだもんね。
さすがにね、いくら否定的な意見を書き込まれても、「こいつ、なにもわかってねー」ってわかっちゃったからノーダメージ。
むしろ、苦笑レベルであった。
っていうか、ちゃんと仕事してもそれを理解できない人がいる、ってのがわかった、ってのは収穫、と言っていいかも。
感情的な意見ってのは説得力ゼロ。
わかりきったことではあったけど、ここまでとは思わなかった。

某作品の私のコメントに対する、ネット上の反応を見るかぎり、そんな感じ。
私としてはキャラ表に対しての意見を言っただけだったのにね。
深読みし過ぎですよ、皆さん。
むしろ、私のコメントを作品否定だと勘違いされた人たちから、不当な評価を受けてしまった山内さんには申し訳なく思っている。
巻き添えもいいところだ。

価値観、というのは人それぞれ。
私は私の価値観で仕事をするしかない。
気に入らなければ、残念だけど仕方がない。
こっちはこっちで受け手に取っていい形であってほしい、と思って送り出した結果な訳だし。
でも、発言するなら、きちんと、自分の価値観を持って発言してほしいな、と思う。
メディアでの、ネット上での他の人の意見でなく、自分の価値観を持っての発言なら、いくらでもつき合う姿勢は持っているつもりです。

ああ、ついでだから言っとこうかな。
揚げ足取り、ってのはなんの意味もないですよ。
建設的じゃないものね。
「気に入らなかったんだね」で終わり。

なんてことをわざわざ書くのは、なんでかって言ったら、文句あるくせに直接言って来るやつなんか、いないものなー。
ああ、その際は匿名でなくて本名でな。
こっちも本名さらしてやってるわけだし。

…と言いたいところだけど、匿名でもOK。
ちゃんと話をするつもりがあるならね。
言いっ放しはなし、って言う意味。

ドアは開いてますよ。
[PR]

by mtfeather | 2011-12-20 20:59 | 日記  

<< メリクリ アラフィフでござい >>