年賀状のこと

どうやら、今年の年賀状も届ききったようで。
先に言ったように、画像をアップしてみようかな、などと。
せっかくアップするなら、そのまんまじゃー芸がないかな、とも思い、恥ずかしながら制作工程もお見せしちゃおうかな、などと。

レイアウトまずはレイアウト(→)。
ハガキを下に敷いてフレームを決めたら大まかにイメージを固める。
このレイアウトがラフを兼ねる。
紙が青いのは、以前使って余っていた修正用紙の再利用だから。

レイアウトの上に作画用紙(もちろん、これも再利用)を乗せて原画の作成(↓)。
デザイン的にまとまればなー、なんていう構想のもと、いつものように筆ペンで仕上げてゆく。
作業工程は一昨年のものと同様。
原画のシルエットを生かして、下のレイヤーで色を重ねることを想定しながら描く。
使用する筆ペンは[ぺんてる筆<太字>]。
太字を選んだのは強弱が付けやすいから。
中字だと文字を書くのにはいいけど、絵を描くには繊細すぎる。
文字と絵は効率よく作業を進める都合上、別レイヤーにする予定なので分けて描く。

原画あとはフォトショップに取り込んで仕上げ作業(↓)。
この際に、まわしたりずらしたりして最終的なレイアウトを調整。
微妙過ぎて描いた本人にしかわからぬ。
画像の周りの黒枠(縁起でもねぇ)はレイアウト確認用のマスク。
プリント前に画像サイズを調整する際に断ち切られる部分。
作業中に外したり戻したり。

ここからは昨年買ったっきり、ほったらかしだったタブレットの出番である。
一昨年の春にPowerBookがお亡くなりになった際、インストールされていたElementsも消滅。
インストールCDも行方不明だったため、買ったもの。
Elementsが欲しくて買ったように見えますが、まぁ、アレですわ。
買い替えは考えてなかったわけではないので、問題なし。

下塗り使うツールは基本的にブラシのみ。
私としては筆のタッチが残るような作風が好みなのだけど、そんなやり方は知らないから、ひたすらブラシのみで作業。
それしかできない。
楽だし。
…あ、いや、違った。
背景は取り込んだレイアウトをもとに、鉛筆ツールで描いたんだった(→)。

右手の宝玉を持たせるかどうかは迷っていたんだけど、バランスを考えて持たせることに。
土壇場での決定ゆえ、ちょっと無理がある。

とゆーわけで完成(↓)。
全肯定で 3〜4時間、といったところ。
まぁ、こんなもんですよ、ええ。
デザイン的にまとめる、という構想はあんまりうまく行かなかった。
中途半端である。
あと、Elementsの限界を痛感。
ちゃんとPhotoshop買わないとやりたいことがやりにくい。
って、何を今更……

買うぞー。
近々……

完成賀状が届いた半分ぐらいの方はお気づきでしょうが、私の住所のところがプリント失敗してます。
とくに郵便番号のあたりが分身しちゃってます。
プリント開始して席を外して戻って来たらそーゆーことになってました。
しかも、気付いたのは宛名を書く段階になってのことで、日付はすでにあらたな年賀はがきを買えるタイミングでもなく。
泣く泣くの決断だったことをご了承ください。
ご勘弁。
ええと、当たり外れは完全にランダムなので、該当ハガキを受け取った方は「珍しいものがもらえた」と当たり気分で受け取っていただけると、私も嬉しい。
言い訳が苦しい。

ちくしょう、年始からこのざまか。
今年も思いやられるなー、なんて。
[PR]

by mtfeather | 2012-01-12 18:13 | 日記  

<< んー? リベンジならず >>