金環日食

日の出天文関係者的には「部分日蝕」ですから、というわけでそれほどありがたがられたものでもないという、今朝の金環日食。
そうは言っても茶飯事というものでもなく、見れる機会があったら見ておいても別に損はない。
むしろ、とくにどこかに出かけなくとも、日常の中で非日常の光景を目に出来るなんてのは、普通にワクワク。
小市民ですなぁ。
そんなこんなで就寝前に外に出る。

最初の一枚最近は朝方に寝て昼前に起きるようになっているおかげで、件の時間帯はばっちり起動状態。
夜明け間近の空は曇天。
観測不可か、と思われたが、時間の経過とともに徐々に天候は回復。
6:00過ぎにはきれいに晴れて日蝕メガネでもきっちり観測できるようになった。
「欠けてる欠けてるー」ってな感じで、日蝕メガネ越しにコンデジで録ってみる。

肉眼で!ところが、いよいよ金環という段になって、無粋な雲が。
太陽に雲がかかると、とーぜん、日蝕メガネ越しではナーンにも見えない。
これには周囲で見ていたご近所さんからもブーイングの嵐。
見えないメガネを覗いていても仕方ないので、「なんだよ、まったく」と思いつつ日食メガネを外してみる…と。
なんと、肉眼で欠けた太陽が見れちゃう!

「日蝕メガネ買わなかったヤツの勝ちかー」なんて、軽い敗北感を覚えつつ、慌てて、カメラを向けて何枚か撮ってみたうちの一葉がこれ。ぶっちゃけ、興奮しちゃったね。
なかなかいいぞ、ってんで、お待ちかねの金環のときには普段は使わないデジタルズームを導入。
目一杯寄って録ってみたのがこれ。
金環日食

けっこううまいこと撮れちゃったりするから面白い。
月がちょっとセンターからずれてるけど、それがまた指輪っぽくていーじゃない、なーんて自画自賛。
思わず、周りの人に見せびらかしてみたり。
「すげー!」とか言われてハナターカダカ。
いまから思うと、いい気になってる自分の姿に超、恥ずかしや。

金環が終わってしばらく眺めていたけど、早々に観測終了。
クライマックスの思わぬ自然の演出で、じゅうぶん堪能しましたとさ。
こーゆーイベントはめんどくさい理屈抜きで楽しんだ方がいいよね。
面白かった!
[PR]

by mtfeather | 2012-05-21 23:51 | 日記  

<< 川越に、立つ! 夕方のCDショップ >>