憧れの万年筆

大人の筆記用具と言えば万年筆。
私が子供のころの認識はそうだった。
今は万年筆を使う人ってどのくらいいるのだろうか、なんてのは私なんかにわかるわけもなく。
なにせ、社会に出てから私の使う筆記用具の中心にあったのは、鉛筆と色鉛筆(たまにマッキーと筆ペン)であったわけで。

15年ぐらい前、かなぁ。
「すっかりいい大人なわけだし、万年筆を持ってみてもいいかも」なんてことを思い立って一本買って見たことがあったっけ。
カートリッジでインクを交換するヤツ。
初めてのものだからそんなに高くないヤツ。

大人っぽいアイテムを手にして、しばらくはうれしがっていたのだけど、職業柄からか使い道が…ない。
請求書の封筒の宛名書きに使ってみたりものの、それだって月に一度。
ちょっとした書類なんかは複写するようになってるからボールペンじゃないとダメだし。
手紙を描くほど筆まめでもなく(電子メールなんて今ほど当たり前じゃない時代だ)。
要するに柄でもないことをやろうとしても意味がなかった、ってゆう。
憧れだけじゃ使えない。

あの万年筆、どこに行っちゃったのかなぁ。
今は請求書の封筒の宛名書きは筆ペンになっちゃってるし。
ってゆーか、なんでもかんでも筆ペン。

そー言えば、長らく使っていた筆記用具の鉛筆。
最近ちょっと浮気してます。
大人の鉛筆」っていう、芯ホルダー。
鉛筆削りでガッと削ることができないぶん、勢いが殺されるところがなんとなく性にあわない気もするけど、描き心地が気持ちよく、どっちかって言ったら気に入ってるみたい。
シャープペンシルみたいにノックして芯を送り出せるのも使いやすい。
鉛筆ほど手も汚れないし。
…気に入ったものを素直に「気に入った」と言えないこの性分はなんとかならんものか。

ハテサテ、いつまで続くことやら。
[PR]

by mtfeather | 2013-08-02 04:35 | 日記  

<< 想像力 なーんて、な >>