一日遅れになってしまった、けど

まぁ、アレですよ。
それなりに何かやってりゃー、次のアクションも生まれたりするわけで。
件のTwitterでのラクガキが同人誌という形ではありますが、紙の本としてまとめてもらえることになりまして。
いろいろ複雑なところはありますが、ここは正直に言わせてもらえば、うれしい、です。
私の人生もカウントダウンを意識してもおかしくなくなってきたかな、とも思い、ぶっちゃけ「ま、いっか」と。

話があったのは夏…いや、夏の終り頃だったかなぁ。
秋口に関係者と会って、そこから先はアレよという間のことでした。
幸い、越阪部ワタルさんなんていう、業界屈指のものスゲーお方に装丁を担当してもらえて、もったいないぐらいの立派な本が出来上がりそうです。
マジでド渋いぞ。

で、今夜、情報解禁。
TwitterのTLの反響がエライことに。
対応に追われてこんな時間に。
なんか怖いわー。

てなわけで、人生二度目のコミケですよ。
前回行ったのは…ハハハ、ざっと30年前!
人ごみが苦手な私からしたら「二度と行かぬ」と心に誓った彼の地に再び。
行くかドーかは予定の未定だったりするわけですが。
どんなことになるのやら。
ハテサテ。

ちょっとしたアレで飯田橋まで出向きました。
慣れぬ有楽町線に乗るのにアレコレ迷ったり。
ひょっとして初めて、だったのか、も。
わからぬ。

たまに出かける日に雨に降られたりするのも、まあ有りか、と。
何もかもがうまく行きすぎたりすると怖すぎる。
ちょっとやそっとの障害があるぐらいがちょうどいい。
雨の中、目的地を見つけられずに迷ってみたりするのもドラマチックでOK。
あとになって、目的地の前を何度も通り過ぎていた間抜けさもドラマチックでOK。

普段は車での移動が多いから、電車あーんど徒歩の移動はしーんせーん。
歩き疲れてかかとが痛いです。
帰ってから何度も足がつったりするし。
なまっちょる。
もっと歩け。

なんか、ね。
今日はいっぱい「ありがとう」を言いましたよ。
ありがたや。

そんな誕生日でした。
HYJ48にもうしばらくおつき合いください。
[PR]

by mtfeather | 2013-12-20 03:21 | 日記  

<< 運のイイ時ゃ怖いとき 荻窪で舞い上がる >>