柔能く剛を制す…

弱い男子柔道4年後どうなる?伝統を重んじすぎたツケ
Excite エキサイト : スポーツニュース


北京五輪の柔道の試合を見ていてなんとなくしっくり来なかったのがこれだ。
足下へタックルばかりしていて、まるでレスリングのようだった(すみません、レスリングの事よく知りません。印象だけで書いてます)。
対格差やパワーだけで勝負が決まらないところが柔道の面白いところなのに。
今回の敗戦で日本の柔道の形も変わっていってしまうのだろうか?
だとしたら悲しいなぁ。
本来のスタイルの柔道に戻す事はできないのか。
「柔道」と「ジャケット・レスリング」は分けてほしいなぁ。
全日本柔道連盟にはがんばってほしいところ。
「柔よく剛を制す」ってかっこいいのに。



ちなみに「じゅうよくごうをせいす」って変換したら最初に出てきたのが「獣欲号を制す」でがっくり。
なんだよ、「獣欲」…って。
このぐらいの慣用句は普通に変換できてほしかったです。
[PR]

by mtfeather | 2008-08-14 19:02 | 日記  

<< さっき調べてみた 北京五輪 >>