カテゴリ:日記( 350 )

 

憧れの万年筆

大人の筆記用具と言えば万年筆。
私が子供のころの認識はそうだった。
今は万年筆を使う人ってどのくらいいるのだろうか、なんてのは私なんかにわかるわけもなく。
なにせ、社会に出てから私の使う筆記用具の中心にあったのは、鉛筆と色鉛筆(たまにマッキーと筆ペン)であったわけで。

15年ぐらい前、かなぁ。
「すっかりいい大人なわけだし、万年筆を持ってみてもいいかも」なんてことを思い立って一本買って見たことがあったっけ。
カートリッジでインクを交換するヤツ。
初めてのものだからそんなに高くないヤツ。

大人っぽいアイテムを手にして、しばらくはうれしがっていたのだけど、職業柄からか使い道が…ない。
請求書の封筒の宛名書きに使ってみたりものの、それだって月に一度。
ちょっとした書類なんかは複写するようになってるからボールペンじゃないとダメだし。
手紙を描くほど筆まめでもなく(電子メールなんて今ほど当たり前じゃない時代だ)。
要するに柄でもないことをやろうとしても意味がなかった、ってゆう。
憧れだけじゃ使えない。

あの万年筆、どこに行っちゃったのかなぁ。
今は請求書の封筒の宛名書きは筆ペンになっちゃってるし。
ってゆーか、なんでもかんでも筆ペン。

そー言えば、長らく使っていた筆記用具の鉛筆。
最近ちょっと浮気してます。
大人の鉛筆」っていう、芯ホルダー。
鉛筆削りでガッと削ることができないぶん、勢いが殺されるところがなんとなく性にあわない気もするけど、描き心地が気持ちよく、どっちかって言ったら気に入ってるみたい。
シャープペンシルみたいにノックして芯を送り出せるのも使いやすい。
鉛筆ほど手も汚れないし。
…気に入ったものを素直に「気に入った」と言えないこの性分はなんとかならんものか。

ハテサテ、いつまで続くことやら。
[PR]

by mtfeather | 2013-08-02 04:35 | 日記  

なーんて、な

いつの時代も自分の世界を持つ人たちは孤軍奮闘していたものだ。
物知り顔の評論家に何を言われようがかまうものではない。
そんな評価などは忘れられても、それは時代を超えて風化することなく愛され続ける。
私もそうありたいものだ、と思ってその志を目指す。
軽薄であるより一本芯が通ったもののほうが人の心を打つはずだ、と私は信じる。

時代の影響はそれなりに受けちゃうけどねー。
[PR]

by mtfeather | 2013-07-24 02:18 | 日記  

平和な定食屋

その日の朝食は松屋の定食であった。
一人で外食の時はたいてい携帯ラジオのイヤホンを耳につっこんでることが多かったりするのだけど、その日もご多分漏れず、『大沢悠里のゆうゆうワイド』が耳から流しこみながらの食事。
と。
なにやら物音とそれに続く怒鳴り声が聞こえる。
そちらに目をやると、カウンターの客とおばちゃん店員が何やらもめてる模様。
ラジオのヴォリュームを下げて様子をうかがう。

「もういらねぇよ!金返せ!」とカウンターの客。
厨房に下がって、恐らく金を持って戻ってくる店員。
「謝れ!」
「申し訳ございません」
「心から謝ってないだろ!口先だけでいえばイイと思ってるだろ!気持ちの問題なんだよ!誠意がないんだよ!なんなんだよこの松屋は!メシなんか気持ちよく食いたいだろ!それをなんだよ!気分悪いわ!俺は気持ちよく朝定食を、松屋のおいしい朝定食を食べようと思ってきたんだよ!それをなんだよ!なんなんだよこの松屋は!松屋はこんなもんなのか!…」
矢継ぎ早に罵声を浴びせる客にいちいち謝る店員。
ひとつ席をはさんだカウンターのもう一人の客は黙々と食事を続ける。
「なんなんだよ松屋は!」
あんまりカッコよくない捨て台詞(よっぽど腹が立っていたのだろう)を残してもめた客は店を出てゆく。
後片付けをしながらもう一人の客に弁明をする店員。

「…ご迷惑をおかけしまして、ホントにすみません。いえ、あの、お客様が『タマゴ(ハムエッグ定食と思われ)にしっかり火を通してくれ』とおっしゃるので『お時間かかりますが』と言ったんですが、後から来た別のお客様の食事のほうが先に出たことにお腹立ちで…で、お食事を出したところ『火が通ってない』とのことでしたので、もう一度火を通してお出ししたのですけど、ええ…」みたいな。
残ったカウンターの人、無言。
「あっ、どうもお騒がせしまして申し訳ございませんでした。大変失礼いたしました。」と、私の存在にも気付いて謝罪の言葉を投げかけるおばちゃん店員。
「いえ」と応えてちょうど食事を終える私。
店を出る。

なーんてことがありました。
字面にするとおばちゃん店員にはなんの落ち度もないようにみえるかもしれないけど、なんとゆーか…この人、その仕草やら言葉のリズム感やらからして、人を怒らせる才能に長けているような。
虫の居所の悪かった客の神経を逆撫でしちゃったんだろーなー、と邪推。

てなわけで、私の見立てでは「どっちもどっち」。
暑くなるとみんな気が立っていけないねぇ。
[PR]

by mtfeather | 2013-07-21 13:03 | 日記  

法事で田舎でチャレンジャー

法事で田舎へ。

早朝から高速飛ばして、夕方高速飛ばす強行軍。
車を運転しなくちゃならなかったので酒が飲めなかったのは残念。
まぁ、つつがなく事を終えた、ということにしよう。フフフ。

法事で久しぶりに会った賢ちゃんと仕事の話になった。
今の私の仕事を話したら「ええ〜!?」ッて笑われた。
そりゃまー笑うわな。
客観的に見て。
ハハハ。
[PR]

by mtfeather | 2013-06-02 20:47 | 日記  

1日を2日に分ける

昼過ぎと深夜の二回回収とゆー都合から、一日が二日に分かれる体になりつつある。

起きてメシ食って仕事して寝て、とゆーのを一日二回。
仕事上の都合からではあるけど、一度の睡眠で2〜3時間しか眠れない、とゆー最近の私からしたら、これはこれで案外都合がよろしいようで。
なので、本人的には全然つらくない。
むしろ快適。

イレギュラーで午後の睡眠時間が確保できなくなったりすると、夜の作業が目もあてられないものになったりするわけですが。

まー、ノルマをこなせばイイだけの話だから簡単簡単。
ハハ、ハハハハハ…
[PR]

by mtfeather | 2013-05-17 03:56 | 日記  

黄色腫をやっつける(とりあえず近況)

かねてから懸案の(というか予約の日であった)黄色腫の切除に皮膚科まで。
夕方5時ぐらいから始まって40分ぐらいで施術終了。
最初の麻酔注射が痛かったぐらいで術式そのものは何をやられているのかよくわからないぐらい痛がりもせず。
途中電気メス(←使うと医者が言っていた)で焼かれているときの焦げ臭いにおいには、「焼かれておるなぁ」と感慨深く。

施術後に無理をすると傷口が腫れてしまうとのことで、患部を冷やしながら一時間ほど休ませてもらう。
こーゆーとき、ずーずーしく眠れる性分でよかったとホントに思う。

傷口にバンソウコウ貼って、抗生物質と痛み止めと胃薬と消毒薬と塗り薬をもらって帰宅。
今どき眼帯はしないんだってさー(ってゆーか目そのものじゃなく皮膚の問題だから必要ないらしい)。
一週間ほどで抜糸、とのこと。
それまでは入浴、飲酒は禁止。
聞かなかったけどたぶん煙草も。
ひょっとしたら刺激物はダメかもと思いつつも聞かなかったけど、コーヒーもダメなの、か?
待てよ、だとすると、カレーも麻婆豆腐もダメなの、か?
エスニックは?
イタリアーンは?
うへぇ。
ちょっとした修行だぜー。
[PR]

by mtfeather | 2013-05-10 20:08 | 日記  

テレビとかラジオなどで、「俺、野菜はいっさい食べないし」なんてのことを臆面もなく言ってる人がたまーにいますが、アレはどーなのか、と。
それまでどんなに真っ当な、とても説得力のあること言っていたとしても、そのひとことで「ああ、そう…」ってなっちゃう。
偏見もいいとこですね。
[PR]

by mtfeather | 2013-04-29 03:29 | 日記  

私にだってたまにはいいことぐらいある

とてもうれしいメールが一通、届く。
メールの文面を眺めながらにまにま。
すぐに、という時間的余裕はないけど、必ず返事を書こう。
フィルムを完成させたときとはまったく違ったベクトルの喜び。
こーゆーのがあるからこの商売はやめられない。

仕事の合間ゆえ、いつまでも眺めててもらちがあかないのでメールを閉じる。
今日の業務が終わったらもう一度、酒を飲みながら読むとしよう。

私の宝物がひとつ増えましたよ、という覚え書き。
よし、働く。
[PR]

by mtfeather | 2013-04-25 01:21 | 日記  

コーヒー

コーヒーが切れたので駅前のイオンまで。
イオンで買い物するのは気が進まないが、私好みのトラジャはここでしか売ってない。
甚だ不本意ではあるが、それだけを買いにイオンに出向く。

…売ってませんでした。
役に立たねーなーイオン。

仕方がないので代替品を探しに、先頃1FにできたKALDIもどきの店に行ってみる。
スタバも考えたけど選択肢が少なそうなのでやめた。

それにしても何もかもがKALDIそっくりな店である。
なんなんだこの店?

レジ横のコーヒー棚を物色。
うっわ、ブルーマウンテン、高っ!
他の銘柄の倍以上。
お値段なりの価値があるんだろーか、などと思ったりするが、こんなの飲めるほど私はブルジョワジーではない。
見なかったことにする。
この世にブルーマウンテンなんてものは存在しない。

私のお好みは酸味よりも苦みとコク。
それに従ってマンデリンを選択してみる。

で、帰宅して今飲んでるんですけど。
イイね、コレ。
美味しい。
イイ香り。
[PR]

by mtfeather | 2013-04-09 13:59 | 日記  

4月ですなぁ

昨日から引き続き、今日も雨。
やたら寒いし。
お天気悪いとテンション上がらぬ。
南の島の大王か、っつーの。

3月あった打ち入りやら打ち上げやら。
そんなに数があるわけではないから出来ることなら参加したかったけど、どっちも行けずじまい。
まー、2月、3月は毎年こんなもんだ。
うまいこと運べなかったり、よけいな横槍が入ったり、体調くずしたり、妙にテンション落ちたり。
現れ方は様々だったりするけど、まーなんにしたってロクなことがない。
そんな星回りらしい。
さすがに「この時期はしょーがないか」と簡単にあきらめもつくようになりましたが。
寒い時期が嫌いな理由はこんなところにもあるのかもねー。

早くあったかくなれ…!
[PR]

by mtfeather | 2013-04-03 18:19 | 日記