<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

さらば、田無

最後の請求書を提出に田無まで。
到着寸前で肝心の請求書を忘れたのに気づいて思わぬ二往復などをしてたりするから、会社に着くのは暗くなる頃になってしまったりする。
最後なので社長や会長に明るくご挨拶、ぐらいはしようかなどと思ってはいたのだけど、不在ゆえその目論みは叶わず。
まぁ、仕方ないか、といった展開も、この会社との関わりを象徴するようで、今となっては微笑ましい。
未来ある若者たちに少々の詫びを入れ、荷物をまとめ(置きっぱなしだったものが少々)、セキュリティカードをしっかり返して……田無を去る。

後で考えてみたら会社を去るとき、私はふり返らなかった。
多少の感慨もあろうかとも思ったのだけど、それほどでもなく。
それどころじゃない、ということだけではなく、その要素がなかった、と思えば気も楽だ。
よし。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-31 23:59 | 日記  

開花

なんでも、東京ではソメイヨシノが開花したんだとか。
はぁ。
行きたいなぁ……花見。

今年も、無理そう、か、な。
アレやコレやが順調すぎて。

井の頭公園は東北地方太平洋沖地震に伴い、宴会自粛を要請、だって。
社会総合 - エキサイトニュース
[PR]

by mtfeather | 2011-03-28 19:24 | 日記  

防御力低下中

いかん。
丸腰である。
剥き身である。
私ごときが…、という気分でいっぱい。
いつものバイオリズムか?
ハンバーグ食べたい。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-28 18:58 | 日記  

でも、まぁ、生きている間は楽しくいたいなと

深い。
名言である。
当たり前ではあるけれど、本質を突いている。
人生の半ばを過ぎた人でこそ、ふさわしい言ってもらいたい言葉である。
若造じゃぁ、こうはいかない。

誰も誉めてくれないから自分で記しておこう。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-24 23:59 | 日記  

クロッシュ

洋食のコースとかで料理にかぶせてあるドーム状のピッカピカの蓋。
あれのことを「クロッシュ」というらしい。
ちょいと調べるとそれなりに答えが見つかるからたいしたもんだ。
インターネットってゴイスー。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-24 07:20 | 日記  

イラッとくること

仕事が続いたりすると、がつん、と視力が落ちたりする。
普段はそれほどでもないのだけれど、近くのものがとにかく見づらくなる。
ぼにゃーっとなって像を結びにくくなっちゃったりする。
あと、像が二重に見えたりするから、やっぱり乱視なのか?
ええ、年相応に老眼なのだろう、というのは承知の上ですよーだ。
ストレスも関係あるのかなぁ、なんてほんの思いつきでち調べてみたら、全く無関係というわけでもなさそうだし。

今後、仕事に支障が出るようなら、真面目に老眼鏡も考えないとならんかもなー。
眼鏡の二重生活、かー。
……めんどくさい。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-22 02:23 | 日記  

また揺れた

んー…なんだかなー。
「よっしゃ、集中!」と思って机に向うと、ぐらり、と来る。
練り上げた集中力がパァ、である。
てゆーか。

そんな超能力、イヤだなぁ。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-19 19:09 | 日記  

大地震、あれこれ(2) 〜でも、あっちが勝ち組だったりする〜

昨日、駅前のSATY……ちがった、AEONになったんだった。
…は、エライ騒ぎだった。

駐車場入り待ちの車の行列はもちろん、買い占め組の奥様方のすごいことすごいこと。
麺類はその種類を問わずもれなくすべて、豆腐を含む豆類、および米、アーンド水の棚は空っぽである。
なんで?

ちなみに、昼間、名刺を取りに行った帰り、普通に車のガソリンが底をつきかけたのでガソリンスタンドに寄ろうと思ったのだけど、どこも判で押したような行列。
「あ、空いてる」と思ったガソリンスタンドは休業していたり。
品切れ状態だったらしい。
比較的空いてるスタンドを見つけて入ってみれば、知らないうちにびっくりするぐらい値上がりしてるし(…ウソ、ほんとはラジオで聞いてそれなりには知っていた)、「3000円分しか入れられませんが」と言われる始末。

…いいんだけどね。
なんか、イラッ、ときた。

とにかく「?」マークが次々浮かぶ。
東京ってそんなに深刻な状態だったっけ?
部分的に断水だの、って話も聞いたけど、それもそんなに大げさな話じゃないだろうに。
私が知らない情報でエライことになっていたりするんだろうか。
スーパーどころか、コンビニの弁当、総菜コーナーまで空っぽだってさ。
アホか。
何をトチ狂って買い占めに走るのか。
我が家の食材貯蔵量は底をつきそうだけど、二日や三日ぐらい、楽に耐えてみせらぁ。
オイルショックの時のトイレットペーパー騒ぎってのもこんな感じだったんだろうね。
当時、小学校一年だった私はよく覚えていないけれども、群集心理の符号を感じちゃう。
愚かである。
反射だけで動くのは動物レベルである。
普通にできないのか。
踊れ踊れ○○どもが。
↑自粛になってないな…

おかげさまで元来の人間嫌いに拍車がかかっちゃう。
全部が全部がそうではない、なんてことはわかっていても、ね。

…ん?
私のチンケな価値観になんか興味ないって?
そりゃそーだ。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-14 23:59  

名刺、確保

名刺ができたとの連絡を受けて大泉まで。
OZの4Fの印章店で新たな名詞の束を受け取る。
聞けば、以前の増刷は平成16年だったとか。
5年ぶり…
次の増刷も5年後なのだろうか。
なんてことを考えながら帰ろうとすると、エスカレーター脇のベンチで電話している男性は…
やぁ、重田さんじゃないですか!
なんたる偶然。
世間話のひとつでもしようかと思ったのだけど、何やら深刻そうな感じだったのでご挨拶だけしておいとましましたとさ。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-13 23:59 | 日記  

大地震、あれこれ(1)

大地震の会った日の夕食はカップ麺ですませた。
被害の収拾で疲れていたし、たまにはいいか、というわけで。
嫁さんが無類[どん兵衞]好き、なかでも[肉うどん]ファンであったりするので、コンビニに買いに行く。
でも、うどんは[きつね]しか売ってなかったのでそれを買ってきた。

まぁ、カップ麺なんてのは日々、リニューアルをくり返しているのはいつものことだってのはわかっちゃぁいた話だったりするのだけど、。久しぶりに買ってみたらスープが液体になっていて驚いた。
「スープは粉派」の嫁さんからしたら大減点。
私ゃあ、「美味けりゃどっちでもいい」派。

で。
ちょいと食べさせてもらって、本格派風のつるりとした舌触りの、モッチリした食感の麺に、感心したりがっかりしたり。
たいしたもんだ、と思いつつも所詮はカップ麺。
偽物感は拭えない。

と言うか。
すでに30年以上の歴史あるカップ麺は、すでに文化である。
カップ麺はカップ麺のスタイルで頂点をめざしてほしい、というのが私の見解。
なので、[どん兵衞]]は[どん兵衞]としてのスタイルを貫いてほしかったなぁ。
リアル風カップ麺は、それはそれで否定しないから、別のブランドで出せば良かったのに。
振り幅はとことん、なのがいい。

…というわけにも行かないか。
どこの業界も似たようなもののようです。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-12 23:59