<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

思わぬ伏兵

予想外。
布団乾燥機が壊れる。
本体は元気なのだけど、ホースが劣化してまっぷたつ。
てゆーか、ホース弱過ぎ。
まったく改善されない謎。
[PR]

by mtfeather | 2012-02-25 23:28 | 日記  

もう、何とも思わん

掃除機が壊れる。
前兆なく、いきなりモーターが焼き付いたらしい。
絶句。
さすがにもう、笑っちゃう。
さーて、次に壊れそうなのは何かなー。
私の予想だと冷蔵庫…いや、洗濯機あたりがあやしいなー。なんてなー。
案外、私の肝臓当たりが壊れちゃったりしてサ!
↑それは家電じゃないやい。アハハ!
…ヤケクソだい。
[PR]

by mtfeather | 2012-02-23 04:11 | 日記  

気のせいか、肩は軽くなったような

夕方、山内さんに呼び出されて荻窪まで。
針を紹介される。
さんざん「痛いよー」と脅かされ、「痛いのはお断りです」と抵抗していたのだけど…
…強引だから。あの人。

針はかれこれ20年以上前に一回やったっきり。
その時はさほどの痛みも感じなかったし、針に電気を流してもらうのもなんだか面白かったし。
果たして、今回の展開や、いかに。

おつむの血の巡りをよくしてもらうために、肩まわりをやっつけてもらう。
軽いマッサージのあと、いよいよ針を刺してもらう。
肩甲骨のまわりをなぞるように針が刺される。
警戒していた痛みはそれほどでもなく。
山内さんは大げさだなぁ、などと思っていると、針は首の方へ。

…痛いです。

恐らく、背中の針も首の針も同じぐらいの深さに差しているのだろうけど、首のが…痛い。
他の針を刺すのに首まわりに触れられると、けっこうな鈍痛。
しばらく我慢していたのだけど、会話もできないほどの痛みに「すみません、痛いです」と潔くギブアップ。
「ああ、首は弱いんだねぇ」とあっさり抜いてくれた。

30〜40分で施術終了。
電気を流すのはなかった。
院によって違うのか、はたまた最近の流行りではないのか、想像の域ではまったく判断できぬ。

「熟睡できたら効いたってこと」という話だったが、帰宅して食事後、机に向ったところで寝落ち。爆睡。
制作からの定時連絡まで、きっちり椅子寝リ。
電話に出ながら、状況がまったく把握できなかったもんね。

…っていうか。
効いた、ってことなんだろうけど、ちゃんと布団で寝ないと台無し、ってゆう。
[PR]

by mtfeather | 2012-02-19 04:43 | 日記  

悶絶す

仕事をしていたら突然、足が…ふくらはぎがつりそうになったのであわててふくらはぎを縮めようとする。
そしたら、反対側の足の甲(足の中指か薬指のあたり)が、つる。
うおう、痛ぇ!と思って、足の指を手前に引っ張る。
すると、ふくらはぎが伸びるので、さっきのが復活。
つる。
どっちかに対応しようと思うと、どっちかがつる、ってゆーのを何度かくり返しながら、なんとかもみほぐしてことなきを得る。

もう、ね。
どーしてくれようかと思いましたよ。
笑い事じゃない、ッつーの。
文章で面白さが伝わらないのがつらいわ。

足がつる原因としては「筋肉の疲労 (激しい運動後など)、十分に準備運動をしていない、普段使っていない筋肉に急に力を入れる、運動不足、水分不足、水泳などで冷たい水に長く浸かる、マグネシウム・ビタミンEの不足、アルコールの飲みすぎ、嘔吐・下痢・過度な発汗などによる脱水、妊娠、黄砂など」(こちらのサイトから)があるらしい。

いくつか思い当たる項目があるな…
まぁ、アルコールはしょーがない(笑)として、まずはやっぱり、運動不足の解消、かなぁ。
[PR]

by mtfeather | 2012-02-08 06:56 | 日記  

2並びで覚え易い

私は生きていてもいいらしい、ってわかったのが嬉しい、ってゆーエントリ。
それ以外の何ものでもない。

…ワケわかんないよね。
たどれる人はこちらでどンぞ。
わかんなくても、まぁいーや。
結果だけが大事。
[PR]

by mtfeather | 2012-02-02 06:33 | 日記  

これがノスタルジーってやつなのか、な?

『帰ってきたウルトラマン』のOPを聴くと(出来るならば観れたらもっといいのだけど)問答無用で「いいなぁ…」と思ってしまうオジサンですよ、ええ。
当時の時代背景を含めて、作品全体が文句なしで大好き。
テンション上がっちゃう。
完全に刷り込まれてるなー、と思、う。
うーん…

こうなってしまうと、私にはもう、わからないのだけど、この作品の評価、って、どんなもんなんでしょーね。
誰にでも、幼少時に刷り込まれた、思い入れが強い(それは世間様の評価とはまったく別基準な)作品てあると思うんだよねー。
どーでもいーとは思いつつも、それはそれで自分の好きな作品は、できうるならば評価されてほしいし、その評価自体に興味を持ってしまう、ってのは人情で……

ま、どーでもいっか。
好きずき。
ほっといてくれ、って感じ。
[PR]

by mtfeather | 2012-02-01 05:39 | 日記