平和な定食屋

その日の朝食は松屋の定食であった。
一人で外食の時はたいてい携帯ラジオのイヤホンを耳につっこんでることが多かったりするのだけど、その日もご多分漏れず、『大沢悠里のゆうゆうワイド』が耳から流しこみながらの食事。
と。
なにやら物音とそれに続く怒鳴り声が聞こえる。
そちらに目をやると、カウンターの客とおばちゃん店員が何やらもめてる模様。
ラジオのヴォリュームを下げて様子をうかがう。

「もういらねぇよ!金返せ!」とカウンターの客。
厨房に下がって、恐らく金を持って戻ってくる店員。
「謝れ!」
「申し訳ございません」
「心から謝ってないだろ!口先だけでいえばイイと思ってるだろ!気持ちの問題なんだよ!誠意がないんだよ!なんなんだよこの松屋は!メシなんか気持ちよく食いたいだろ!それをなんだよ!気分悪いわ!俺は気持ちよく朝定食を、松屋のおいしい朝定食を食べようと思ってきたんだよ!それをなんだよ!なんなんだよこの松屋は!松屋はこんなもんなのか!…」
矢継ぎ早に罵声を浴びせる客にいちいち謝る店員。
ひとつ席をはさんだカウンターのもう一人の客は黙々と食事を続ける。
「なんなんだよ松屋は!」
あんまりカッコよくない捨て台詞(よっぽど腹が立っていたのだろう)を残してもめた客は店を出てゆく。
後片付けをしながらもう一人の客に弁明をする店員。

「…ご迷惑をおかけしまして、ホントにすみません。いえ、あの、お客様が『タマゴ(ハムエッグ定食と思われ)にしっかり火を通してくれ』とおっしゃるので『お時間かかりますが』と言ったんですが、後から来た別のお客様の食事のほうが先に出たことにお腹立ちで…で、お食事を出したところ『火が通ってない』とのことでしたので、もう一度火を通してお出ししたのですけど、ええ…」みたいな。
残ったカウンターの人、無言。
「あっ、どうもお騒がせしまして申し訳ございませんでした。大変失礼いたしました。」と、私の存在にも気付いて謝罪の言葉を投げかけるおばちゃん店員。
「いえ」と応えてちょうど食事を終える私。
店を出る。

なーんてことがありました。
字面にするとおばちゃん店員にはなんの落ち度もないようにみえるかもしれないけど、なんとゆーか…この人、その仕草やら言葉のリズム感やらからして、人を怒らせる才能に長けているような。
虫の居所の悪かった客の神経を逆撫でしちゃったんだろーなー、と邪推。

てなわけで、私の見立てでは「どっちもどっち」。
暑くなるとみんな気が立っていけないねぇ。
[PR]

# by mtfeather | 2013-07-21 13:03 | 日記  

30周年でしたよ

今年もすでに6月に入って「もう6月かよー」などと愚痴っぽくなる今日この頃の今さらですが、今年、アニメーターを始めて30周年でした。

正直に言うと、少し前から気がついてはいたのですけど、なんというか、時機を逃してしまったというか、せめて年明けにでも気付いていれば区切りもよかったろーになーンて感じで、なんとなく先送りになっちゃったり。
いっそのこと、どこかの誰かさんが「羽山さん、30周年じゃん!」と勝手に告知してくれれば、私が余計な心配をすることもなく…ハハハ、勝手な言い草ですねー。
実際のところ、一人だけ「30周年だねー」ってメールをくれた人はいましたけど。
ありがたや。

で、実際に30周年を迎えてみたところで、「べっつにー」ッてのが正直なところ。
それは、学校を卒業したからとか、社会人になったからとか、成人を迎えたからとか、30歳になったからとか、40歳になったからとかと同じで、「はァ、なりましたか」って感じ。

それがイヤであるとか、はたまた好き嫌いに関わらず受け入れる、なんて大げさなものでもなく。
それでもまぁ、数字だけで30年っていう年月を考えれば、そりゃーやっぱり世間的には大ベテランの認識を受けるわけであって。
私がどーこーって問題ではない。
なので、ベテランらしく、その自覚を持つことぐらいは心がけなくっちゃねー、ぐらいのことは心にとどめておこうと思ったり思わなかったり。

まー気がつけば30年。
とくにこれといった感慨もなく。
あ、いや。
まだ19歳の頃に劇場の『北斗の拳』のスタッフルームに入ったとき、須田さんが「僕なんてまだ20年だよ」なんてことを言ってたっけなー。
それを思うとなんとなくアレである。
上手い言い回しが浮かばぬ。

私としては30年続けたなりの「これでどーだッ!」って仕事を残せたのかが気がかりだったりしますが。

個人的な10周年記念作品は最初のOVAの『ジョジョの奇妙な冒険』。
同じく20周年記念作品が…あ…アレかー……
ちょっと悲しい気持ちになってしまった。
まぁ、いいや。
ハテサテ30周年記念作品は、なんなんでしょーねー?
乞う御期待!

…などと自らを鼓舞してみる。
[PR]

# by mtfeather | 2013-06-03 20:44 | アニメのこと  

法事で田舎でチャレンジャー

法事で田舎へ。

早朝から高速飛ばして、夕方高速飛ばす強行軍。
車を運転しなくちゃならなかったので酒が飲めなかったのは残念。
まぁ、つつがなく事を終えた、ということにしよう。フフフ。

法事で久しぶりに会った賢ちゃんと仕事の話になった。
今の私の仕事を話したら「ええ〜!?」ッて笑われた。
そりゃまー笑うわな。
客観的に見て。
ハハハ。
[PR]

# by mtfeather | 2013-06-02 20:47 | 日記  

1日を2日に分ける

昼過ぎと深夜の二回回収とゆー都合から、一日が二日に分かれる体になりつつある。

起きてメシ食って仕事して寝て、とゆーのを一日二回。
仕事上の都合からではあるけど、一度の睡眠で2〜3時間しか眠れない、とゆー最近の私からしたら、これはこれで案外都合がよろしいようで。
なので、本人的には全然つらくない。
むしろ快適。

イレギュラーで午後の睡眠時間が確保できなくなったりすると、夜の作業が目もあてられないものになったりするわけですが。

まー、ノルマをこなせばイイだけの話だから簡単簡単。
ハハ、ハハハハハ…
[PR]

# by mtfeather | 2013-05-17 03:56 | 日記  

白箱

そーいや昨夜とある白箱が届いていたのであった。
早速見てみる、が片目が塞がってよく見えぬ。
よりによって利き目の方だからなおさら…どっちの目でも関係ないか。

腫れが引いたらちゃんと見てみようっと。
とにもかくにも関係者の皆様、お疲れさまでした!
[PR]

# by mtfeather | 2013-05-11 03:25 | アニメのこと