いたんだよ。俺のシルバーが。

『宝島』視聴終了。
いやー、面白かった。ラスト2話はとくによかった。
最終話なんてまとめるだけだから普通面白くならないもんなのに、なんちゅーか、たまらんかった。

当時、途中で脱落した原因もわかった。
本来の主人公であるジムに感情移入できなかったんだな。
子供が宝物に目を奪われてる体がどーもしっくり来なかったんだと思う。
絵柄で言えば、『家なき子』での重厚な作画のほうがこのみだったから、ライトな作風に変わったのも原因のひとつと思われ。
よって、この作品の真の主人公であるジョン・シルバーの登場を待たずして視聴脱落という失態を犯してしまうわけである。
オープニングとか無条件で大好きなのにさ!
ああ…!

最終話は当時見た記憶有り。
序盤で脱落して最終話だけ見てわかるわけなんかない(のちに私は「仮面ライダークウガ」で同じ轍を踏んでいる。なんだかなぁ)。
でも、ほとんどのカットを憶えていた。
すごいフィルムだわー。

ジム役の清水マリの声のかわいいこと。
アトムを連想させるからか、ときどきジムの目元がアトムっぽく見えたり。
杉野さんは「とにかくアトムが描きたい」みたいたことを聞いたことがあるけど、いくらかは意識したりしてたんだろーか?

魅力的なシルバーをさらに魅力的にしていたのは、やっぱり若山弦蔵によるところが大きい。
かっこえーわ、シルバー。
帰路につくヒスパニオラ号の船倉で、ジムに自分の思いを吐露するシルバーにグッと来ちゃった。
子供だった当時、見ていたなら間違いなく憧れちゃってたと思う。
今でも憧れちゃうぐらいだもの。
出崎さんに憧れているのかもしれぬ。

DVD欲しくなっちゃったなー。
どーしよー。

さて。
次は『ガンバの冒険』。
[PR]

by mtfeather | 2013-01-18 04:59 | 映画・TV・DVD  

<< 一周年 あしたのジョー(TV) >>