2011年 03月 12日 ( 1 )

 

大地震、あれこれ(1)

大地震の会った日の夕食はカップ麺ですませた。
被害の収拾で疲れていたし、たまにはいいか、というわけで。
嫁さんが無類[どん兵衞]好き、なかでも[肉うどん]ファンであったりするので、コンビニに買いに行く。
でも、うどんは[きつね]しか売ってなかったのでそれを買ってきた。

まぁ、カップ麺なんてのは日々、リニューアルをくり返しているのはいつものことだってのはわかっちゃぁいた話だったりするのだけど、。久しぶりに買ってみたらスープが液体になっていて驚いた。
「スープは粉派」の嫁さんからしたら大減点。
私ゃあ、「美味けりゃどっちでもいい」派。

で。
ちょいと食べさせてもらって、本格派風のつるりとした舌触りの、モッチリした食感の麺に、感心したりがっかりしたり。
たいしたもんだ、と思いつつも所詮はカップ麺。
偽物感は拭えない。

と言うか。
すでに30年以上の歴史あるカップ麺は、すでに文化である。
カップ麺はカップ麺のスタイルで頂点をめざしてほしい、というのが私の見解。
なので、[どん兵衞]]は[どん兵衞]としてのスタイルを貫いてほしかったなぁ。
リアル風カップ麺は、それはそれで否定しないから、別のブランドで出せば良かったのに。
振り幅はとことん、なのがいい。

…というわけにも行かないか。
どこの業界も似たようなもののようです。
[PR]

by mtfeather | 2011-03-12 23:59